投資の情報収集をスマホを利用してやる時の心構え

 

自宅や宿泊先で操作しやすいスマホを使って株やドル円のトレードを楽しむのが当たり前という便利な時代になっています。最安値で株式を買えればかなりの儲けになるのですが、底値になった瞬間に買えるチャンスはあまりないものです。そのため、買うのは少し早かったかもしれないけれど底値っぽいというタイミングで注文をすることになります。もし、評判の良い銘柄をしっかり買ったあとでさらに下がった場合にどうしても売りたくないのならば残った資金を使ってナンピンを少ない回数だけすることをおすすめします。ナンピンは回数を一定に限定すれば有効という口コミが多いのですが、損が増大するので危険と思う人もいます。2020年には多くの有名な証券会社が安定性の高いスマホアプリで売買を自由にできるようなサービスをユーザーに提供しています。チャートが気になって値動きを確認したくなったときにスマホがあればすぐに現在の株価をチェックできるのが素晴らしさです。lineで新しく知った情報のせいで動揺してしまうと自信を持ってトレードをやれない状態になってしまいます。そのため、ニュースに影響を受けて冷静さを失うのが嫌ならば、信頼できる個別銘柄への中長期投資をするのが一番です。メンタルが強くない投資家の場合は、あえて株価を調べる頻度を少なくするのもありです。また、チャートに表示をする期間を半年や1年のような長いスパンに設定して、直近の動き方に惑わされないようにすれば右往左往する心配はないです。投資に関する最新の情報を毎日のように収集をするための欠かせないツールがスマホです。保有する銘柄に迷った時には証券サイトから送られてくるメールで紹介されている銘柄を参考にするのはよいことです。また、四季報を読むなどの努力をすることも適切です。投資先のホームページをスマホで閲覧して安心して投資金を使える優良な企業なのかを判断するいいです。
スマホを用いて投資の情報収集をする際にはyoutubeや投資関連のサイトのニュースが役立ちます。また、SNSも積極的に利用すればより多くの有益なノウハウを実際の株式の取引に使えるのは確実です。ただ、どの情報を選択して信用して良いのか判断できないと感じる初心者がいるのが現実です。株式投資についての話題をスマホで集めるコツは買い煽りをしている人のつぶやきを気にしないことです。誘導をするためにSNSを使っている人の発言には要注意です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket